看護職の方へ【通常総会】 公益社団法人 大分県看護協会

看護職の方へ

大分県看護協会 通常総会

Q&A

大分県看護協会 通常総会について

代議員研修会

総会に先立ち、選挙で選出された代議員・予備代議員に対して、5月末~6月初めに各地区で代議員研修会を行います。各地区理事より連絡がありますので必ずご出席ください。

内 容
  1. 通常総会ご出席にあたっての留意事項
    (入場及び座席について 、発言及び採決について)
  2. 議決事項・選挙投票の実施要領について説明
  3. 資料等 (代議員・予備代議員の手引き、「代議員証 」ホルダー)

平成30年度 大分県看護協会通常総会

日時
平成30年6月24日(日) 9:30~12:30(受付9:00~)

会場
大分県看護研修会館
プログラム
>>平成30年度大分県看護協会通常総会プログラム

立候補・推薦について

選挙管理委員会からのお知らせ

平成30年6月24日(日)に開催する通常総会において、平成30年度改選役員及び推薦委員、代議員及び予備代議員の選挙を実施しますので、立候補及び受付期間等についてお知らせいたします。

改選役員等役職名及び人数 平成30年度
改選役職名
(任期2年)
会長 1名
副会長(看) 1名
副会長(保) 1名
副会長(助) 1名
常務理事 1名
会計理事 1名
助産師職能理事 1名
国東地区理事(看) 1名
大分中央地区理事(保) 1名
大分東部地区理事(看) 1名
大分西部地区理事(看) 1名
由布地区理事(看) 1名
臼杵・津久見地区理事(看) 1名
佐伯地区理事(保) 1名
豊後大野・竹田地区理事(看) 1名
監事 1名
平成30年度推薦委員 推薦委員  10名  (任期1年 ※平成30.6.24~平成31年選挙当日)
平成30年度大分県看護協会 代議員・予備代議員 代議員   200名  (任期1年 ※平成30.6.24~平成31年選挙当日)
予備代議員 50名  (任期1年   同上)
平成31年度日本看護協会 代議員・予備代議員 代議員   10名  (任期1年 ※平成31.4.1~平成32.3.31) 
予備代議員 10名 (任期1年   同上 )
立候補の届け出 役員及び推薦委員に立候補する方は、規定により正会員5人以上の推薦を受けて届け出てください。
届け出の方法 立候補届出書 様式(1) 立候補者推薦届 様式(2) 立候補届出書 様式(3) に記入の上、下記あてへ郵送してください。
宛先・お問合わせ 〒870-0855 大分市大字豊饒310番地の4 公益社団法人 大分県看護協会 選挙管理委員会
締 切 日 平成30年3月10日 必着(郵送の場合、当日消印有効)

推薦委員会からのお知らせ

平成30年度改選役員及び推薦委員、代議員及び予備代議員の候補者について、次の事項に該当する方をご推薦ください。 なお、推薦していただいた方々につきましては、推薦委員会で協議のうえ候補者として推薦を確定させていただきます。

改選役員等役職者及び人数 選挙管理委員会からのお知らせと同じ
推薦基準 ①大分県看護協会の目的達成のための活動に積極的に取り組み、任務を遂行できる人
②本会の定めた会議に出席できる人
推薦方法 役員候補者の推薦 様式1-1    推薦委員候補者の推薦 様式1-2
代議員候補者の推薦 様式2-1  予備代議員候補者の推薦 様式2-2 
に記入の上、下記あてへ郵送してください。
宛先・お問い合わせ先 〒870-0855 大分市大字豊饒310番地の4 公益社団法人 大分県看護協会 推薦委員長
推薦締切期日 平成30年2月10日 必着 (郵送の場合、当日消印有効)

代議員・予備代議員について

公益社団法人大分県看護協会 定款施行細則 第2編 第2章より抜粋

第2章 代議員及び予備代議員の選出

代議員及び予備代議員の定数
第9条  本協会の代議員の定数は200名とする。予備代議員の数は代議員数の1/4以上とする。
但し1地区2名以上とする
地区ごとの代議員数の算出
第10条  地区ごとの代議員数の算出にあたっては、まず地区の正会員数を総正会員数で除して総正会員数に対する地区ごとの正会員割合を算出する。次にその数値に200名を乗じることにより地区ごとの代議員数(暫定値)を算出する。この暫定値が整数でない場合には小数第1位を四捨五入して確定する。
2 前項の場合において四捨五入した数の全地区の合計が200名を超えた場合は、最も正会員数の多い地区から順次1名ずつ減じることとし、200名に不足する場合は、正会員数の少ない地区から順次1名ずつ増ずることとする。
3 前2項の規定にかかわらず、最も正会員数が少ない地区においても最低3名の代議員を選出するものとする。その場合の調整は前項に準ずるものとする。
代議員選出の基準会員数
第11条 本協会の代議員の選出の基準となる正会員数は、前々年度の12月末日現在の会費納入者数による。
選出すべき代議員数の通知
第12条 本協会は第10条の規定により算出した代議員数を、各地区に通知するものとする。
保健師、助産師、看護師、准看護師の選出
第13条 代議員については、地区ごとに保健師及び助産師から1名、看護師及び准看護師から1名は、最低選出するものとする。これを超える代議員の選出については、職種を問わないものとする。
予備代議員の選出
第14条 本協会は、予備代議員の選出に当たっては、地区の代議員数の状況等に応じて、第10条の規定により通知された地区ごと代議員数の 1/4 以上の予備代議員を選出するものとする。但し1地区2名以上とする。
2 第10条及び第11条の規定は予備代議員について準用する。
理事会からの独立
第15条 代議員及び予備代議員の選出は、本協会の理事会から独立して行われるものとする。
選挙権及び被選挙権者
第16条 本協会の代議員及び予備代議員の選挙権及び被選挙権を有する者は、選出の年の2月末日現在で正会員たる資格を有するものとする。
代議員及び予備代議員選出の公示
第17条 本協会は、前条の規定により届け出のあった本協会の代議員及び予備代議員の選出を行う旨の公示を、選出の年の2月末日までに行う。
代議員及び予備代議員への立候補等
第18条 本協会の代議員及び予備代議員になろうとする者は、会員5名以上の推薦を受け、選出期日の90日前までに、選挙管理委員会に立候補の届出をしなければならない。
2 各地区で会員を本協会の代議員及び予備代議員の候補者として推薦しようとするときは、選挙期日90日前までに、推薦委員長に届け出なければならない。
代議員及び予備代議員の候補者の公示
第19条 本協会は、前条の規定により届け出のあった本協会の代議員及び予備代議員の候補者について、選挙の実施の2週間前までに公示しなければならない。
予備代議員の選出方法
第20条 予備代議員を選出する場合は、次に掲げる事も併せて決定しなければならない。
(1) 当該候補者が予備代議員である旨
任 務
第21条 代議員は、会員からの委任に基づき選任されたものであり、会員を代表して総会に出席し選挙権及び議決権を行使する。
任 期
第22条 代議員及び予備代議員の任期は、選任の1年後に実施される代議員選挙終了の時までとする。

代議員・予備代議員数について

平成30年6月24日(日)に開催予定の大分県看護協会通常総会において選挙する代議員・予備代議員数です。
※平成31年度大分県看護協会総会に出席し選挙投票、審議事項の議決をしていただきます


平成30年度大分県看護協会代議員数・予備代議員数

【表1】

地区 平成29年
12月末日現在
代議員数 代議員
調整数
予備代議員数 予備代議員
調整数
国東地区 194 4.0 4 4 1.0 1 2
別府・杵築・日出地区 2,185 44.7 45 45 11.3 11 11
大分地区 3,388 69.4 69 69 17.3 17 16
由布地区 891 18.2 18 18 4.5 5 5
臼杵・津久見地区 324 6.6 7 7 1.8 2 2
佐伯地区 819 16.8 17 17 4.3 4 4
豊後大野・竹田地区 545 11.2 11 11 2.8 3 3
日田・九重・玖珠地区 443 9.1 9 9 2.3 2 2
中津・宇佐・豊後高田地区 979 20.0 20 20 5.0 5 5
合計 9,768   200 200   50 50
地区 平成27年
12月末日現在
代議員数 代議員
調整数
国東地区 178 3.8 4 4
中津・宇佐・
豊後高田地区
863 18.3 18 18
日田・玖珠・九重地区 468 9.9 10 10
由布地区 890 18.9 19 19
豊後大野・竹田地区 555 11.8 12 12
佐伯地区 798 16.9 17 17
臼杵・津久見地区 257 5.5 6 6
別府・杵築・日出地区 2,048 43.5 44 44
大分地区 3,300 70.0 70 70
合計 9,357   200 200
地区 予備代議員数 予備代議員
調整数
国東地区 1.0 1 2
中津・宇佐・
豊後高田地区
4.5 5 5
日田・玖珠・九重地区 2.5 3 3
由布地区 4.8 5 5
豊後大野・竹田地区 3.0 3 3
佐伯地区 4.3 4 4
臼杵・津久見地区 1.5 2 2
別府・杵築・日出地区 11.0 11 11
大分地区 17.5 18 15
合計   52 50

*代議員定数200  
*予備代議員数50:代議員数の1/4とし、1地区2名以上
*地区代議員数=(地区正会員数÷総正会員数)×200  四捨五入した整数

Q&A

平成25年度大分県看護協会総会で代議員制度の導入が承認されました

代議員はどんな基準で選びますか?
代議員数は200名。予備代議員数は代議員数の1/4以上で1地区2名以上とします。本会代議員の数は、 選出の前々年度の12月末日現在の会費納入者数により選出します。
全ての職能の意見を反映させるために地区ごとに保健師及び助産師から1名、看護師及び准看護師から1名は最低選出します。これを超える代議員の選出については職種を問いません。
代議員はいつどこで選びますか?立候補はできますか?
代議員は地区ごとに協会が依頼した人数を2月までに推薦していただきます。
代議員は支部による推薦だけではなく立候補することもできます。立候補するためには会員5名の推薦 を受け、選出期日60日前までに、推薦委員長に立候補の届け出をしてください。
代議員及び予備代議員の候補者の公示はいつ行いますか?
届出のあった本協会の代議員及び予備代議員の候補者について、選挙の実施30日前までに公示を行います。
代議員・予備代議員の任期は何年ですか?
選任の1年後に実施される代議員選挙終了の時までで1年間です。
代議員の任務はどんなことがありますか?
大分県看護協会の定時総会へ出席し、役員選挙の投票および審議事項において議決権を行使します。 また総会前に代議員研修会を行います。
総会には代議員だけでなく一般会員も参加できますか?
一般会員も自由に参加できます。但し、選挙権や議決権はありません。
代議員制度はいつから行われますか?
平成26年度の総会で、平成27年度の代議員・予備代議員の選挙を行います。平成27年度の総会より、 代議員による役員選挙の投票及び審議事項の議決が行われます。