看護職の方へ【人材バンクについて】 公益社団法人 大分県看護協会

看護職の方へ

大分県看護協会 人材バンクについて

大分県看護協会では、協会事業やボランティア活動に協力できる方を募集しています。

目的 日本看護協会や大分県看護協会等の研修を受講した看護職が、大分県看護協会の人材バンクに登録し、看護職の資質の向上や県民の健康づくりに貢献する。
対象 大分県内の看護職の方
種類 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者災害支援ナース
スポーツ救護ナースボランティアナース
活動内容

1.大分県内・外での災害発生時における対応
2.大分県看護協会の研修や県内各地区の研修会の講師
3.スポーツ大会等の救護に対応
4.施設や会員の専門的相談に対応
5.県民の健康づくり教室や研修会の講師、「まちの保健室」の健康相談

問合せ先 大分県看護協会 事業部
電話 097-574-7117

大分県看護協会人材バンク登録要項

災害支援ナース登録要項
目的 大分県内及び県外での災害発生時に災害支援ナースとして活動する
登録要件 災害支援ナース 1 日本看護協会の災害看護(基礎編)研修を受講した保健師・助産師・看護師
2 協会会員で施設に属している者
3 保健師・助産師・看護師として5年以上の経験がある者
災害支援ナース施設 災害支援ナースを派遣することを承認した施設が登録
活動内容 1 大分県内・外の災害時、被災者に適切な医療・看護を提供する。
2 被災した看護職の心身の負担を軽減し、支える。
登録方法 1 登録を希望する者は、災害看護(基礎編)研修を受講後、施設の承認を得て、大分様式7「災害支援ナース個人登録票」に記入・写真(2.5×2.5cm)を貼付する。また、大分様式11「個人情報に関する取扱いについての承諾書」及び写真を別に1枚添え、施設長に提出する。
2 施設長は大分様式6「災害支援ナース施設登録票」及び本人が提出した大分様式7大分様式11、写真1枚を協会に提出する。
認定期間 登録日から5年間、ただし、5年目の年度末までとする
再交付申請 災害支援ナース登録証を破損・紛失し、再交付を受ける場合は大分様式9「大分県看護協会災害支援ナース登録証再交付申請書」を協会に提出する。
更新登録 1 更新希望者は5年毎に、大分様式7と写真を施設長に提出する。
2 施設長は登録時と同様に大分様式6大分様式7及び写真1枚を協会に提出する。
登録の変更 ・取消・休止 登録内容の変更・取消・休止の場合は、施設長より大分様式10「大分県看護協会災害支援ナース登録(変更・取消・休止)届」と災害支援ナース登録証を協会に提出する。
身分・保障 1 被災地への派遣中は本協会所属となる。
2 本協会は、被災地に派遣した時、その活動中の傷害保険に加入する。
なお、対象者への賠償責任が生じた場合は、傷害保険ではカバーできないので、別に看護職自身が日本看護協会の「看護職賠償責任保険」に加入しておく必要がある。
その他 その他詳細は「大分県看護協会災害時看護支援要綱」により実施 ⇒災害支援のページはこちら
附則 この要項は平成24年4月1日より施行する。
この要項は平成25年6月1日より施行する。
この要項は平成26年7月19日より施行する。
この要項は平成28年9月1日より施行する。
この要項は平成29年4月1日より施行する。
専門看護師・認定看護師・特定行為研修修了看護師・認定看護管理者登録要項
目的 高い専門性を活かし、県内の看護職の資質の向上及び県民の健康づくりに寄与する。
登録要件 1.専門看護師・認定看護師・認定看護管理者の資格を有する助産師・看護師
  または特定行為研修修了看護師であること
2.協会会員であること
活動内容 看護職及び県民対象の研修の講師及び相談に対応する。
登録方法 様式1に記入し、看護協会に提出する。
登録申請期間 資格取得後
登録抹消 登録者本人の申し出により抹消する。
附則 この要項は平成24年4月1日より施行する。
その他 ⇒専門・認定看護師等情報のページはこちら
ONA救護ナース登録要項
目的 スポーツにおける救護ナースとして、県民のスポーツ等の救護に協力する。
登録要件 1.大分県看護協会会員である、保健師、助産師、看護師とする。
2.未就業求職者で大分県ナースセンターに求職登録している者。
活動内容 ONA救護ナースとして、負傷等の判断処置に対応する。
登録・抹消等 新規登録・変更及び抹消はONA救護ナース登録票に記入し、FAX又はメールで看護協会に提出する。
メール登録 ONA救護ナース登録証が届いてからメール登録を行う。
附則 この要項は平成29年4月1日より施行する。
その他 ⇒ONA救護ナースのページはこちら
ボランティアナース登録要項
目的 協会が行う事業等に協力し、県民の健康づくりを支援する。
登録要件 県内の保健師・助産師・看護師でボランティア活動ができる者
活動内容 1 まちの保健室(おおいた食と暮らしの祭典、県立図書館、げんきフェア等)における健康相談
2 高齢者対象の健康講座「げんき教室」における健康相談
3 その他協会に依頼のある健康相談
登録方法 様式2に記入し、看護協会に提出する。
登録申請期間 通年
登録抹消 登録者本人の申し出により抹消する。
附則 この要項は平成28年4月1日より施行する。